石たちの現状 - 天然石・パワーストーンのオーダーメイド・ブレスレット 紗珠

石たちの現状2015/2/15

今や コンビニエンスストアやファミリーレストランでも

パワーストーンが売られている時代。

しかも、驚くほど安価で・・・。

 

同じ石なのに、どうして こんなに値段が違うの?

そう疑問に思われるのも 当然のことでしょう。

 

皆さんは 水晶に 「天然水晶」 と 「合成水晶」 があることを

ご存知でしょうか?

 

「天然水晶」 とは、お分かりのように

自然の状態で 存在する鉱物。

人間よりも遥か昔から 地球上に存在し、

古来より まじないや 宝飾品として生活に密着してきました。

 

「合成水晶」 とは、その名の通り 水晶の化学式を真似て

人工的に作りだしたもの。

結晶が安定するので 見た目も綺麗ですし、

大量生産が可能なため 安価で提供出来ます。

アクリルビーズやガラスビーズを 「天然石」 として

販売している場合もあります。

 

これは、水晶に限ったことでは ありません。

 

ターコイズ (トルコ石) を例にとってみても

現在、トルコブルーと称される 上質なアメリカ産ターコイズは

産出量が極めて少なく、小指の先ほどの小さな石でも

数万円と云う値段で 取り引きされています。

アメリカ市場でも、出回っているターコイズの80%が

チャイニーズ・ターコイズ (緑がかった中国産ターコイズ) です。

市販されているもので、数百円~数千円で購入出来るターコイズは

その殆どが ハウライト(マグネサイト) といった白色の石に

着色をして ターコイズとして販売されているもの と思って下さい。

※ チャイニーズ・ターコイズは天然石でも比較的 安価です。

 

勿論、本物でなければ いけない訳ではありません。

お値段に関係なく、色やデザインが気に入っていたり

大切な方からのプレゼントだから・・・と

身に着けていらっしゃる方も多いことでしょう。

ご本人が納得されていれば、それで良いことです。

 

問題は、それが 「天然石」 であると 信じて購入された場合。

 

安価で売るには

安価にできる からくりがある

高価になるのは

高価になるだけの 理由がある

 

それを ご理解頂いたうえで

「パワーストーン」 と呼び得る 天然の石たちの魅力を

どうか 感じてみて下さい。

 

♡守護石・パワーストーン・天然石・オーダーメイド、デザインブレスレットの通販 | 紗珠♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です